スペース・マリーンズ、三たび!今度は……妖怪巨大女?


f0319703_16000732.jpg

とんな日本語タイトルになるんだろう、とワクワクしていたんですが、ストレート勝負でしたね。ホッとしたやらちょっとガッカリしたやら。


はい、銀河海兵隊シリーズ第3弾 TBP「Attack of the 50 Foot Colossi !」、50フィートの巨像が相手です。

50フィートって言っても分かりづらいですね。

約15m。

15mの巨像って言ったら「奈良の大仏さま」が約15mですね。
関東在住の方は「鎌倉の大仏さま」が約13mなので、その辺をイメージしていただければ。
余談ですが、東京にも日ノ出町に「鹿野大仏」と言う大仏さまができまして、これがちょうど15mです。(どこだ、日ノ出町って。)


f0319703_16205575.jpg

さりげなく画像で宣伝してる辺りが僕も姑息い。


さて、内容ですが、今回の敵は7体しか出てきません。


7体なら楽勝だと思いますか?


とんでもございません。
画像をよーく見るとお分かりになると思いますが、3〜5枚がスタックしてますね。


今回の敵はコレが肝になります。


海兵隊側の攻撃は、一つのユニットで一回の攻撃で3ヒット以上を与えないと巨像にダメージを負わせられません。
1〜2ヒットの場合は「表面を削った」としてDN(ディフェンス・ナンバー)が-1されますが、続けて同じ巨像を他のユニットで攻撃しないと効果がなくなります。
いずれにせよ、一撃で3ヒットが必要になります。

で、幸運にも一撃3ヒットさせることができるとスタックの一番上の巨像が戦力減少面になります。

戦力減少面なのでDNも下がります。
チャンスです。攻撃します。

DNが下がっているので3ヒットも容易になります。
よっしゃ、3ヒット!
一番上の巨像を除去します。すると…


その下から新たな巨像が現れます。はい。


新たに現れた巨像は CF(コンバット・ファクター=攻撃力)やDNが以前より上がってたり下がってたりします。

イメージとしては


大仏マトリョーシカ


と言う感じですか。怖いですね~。


ウォーゲーマー的に言いますと「戦力が復活する6〜10ステップユニット」となります。


さて、そんな巨大マトリョーシカの攻撃ですが、近接攻撃は共通で各巨像色によって多彩な攻撃方法を持ちます。
最初はこの辺の処理に手間取るかと思われます。

ソリティアの宿命だと思いますが、自軍のアクションよりも敵軍AIの手数の方が多いです。

特にこのゲームは、チットとカードを使用するため、前作よりも参照する項目が多くなり、それだけゲームスピードが落ちると思います。

が、その労力を支払ってもお釣りがくる程の面白さがある…と思っているのは僕のような好き者だけだろうか? そんなことないよね(と思いたい)。

他にも、「身分を隠していた退役軍人が秘密兵器を持ち出してドーン!」とか、ここに書ききれなかった面白さが詰まってますので、SCI-FI好きは騙されたと思ってぜひ(騙されて下さい)!



で、TBPからこんなこと聞いてますんで↓
f0319703_17195261.png


銀河海兵隊の苦難はまだまだ続くようです(永遠に続けー!!)。







[PR]

# by ted_ts | 2018-04-15 17:30 | ウォーゲーム | Trackback | Comments(0)

ぼくのかんがえたさいきょうのへんせい


こんにちは。

皆さますでにご存知だと思いますが、3/31 に「ウォーゲーム士官学校」、4/1 に「大阪ゲームマーケット」が催されました。
僕も両日参加してまいりました。

f0319703_18192378.jpg

↑何の関係もないけど証拠写真


で、

士官学校やGMのレポートは他の皆さまのブログをご覧下さい。 皆さま素晴らしいレポートをされてますので、僕の出番じゃありません。


じゃあ何を書くのかと申しますと…


士官学校にて行われました「Tanks トーナメント」について書きます。


しかも


対戦レポートではなくって、「トーナメントにおける編成」を語ってみたいと思います。
ええ、ひねくれものなので。



さて、まずはトーナメントレギュレーションをかいつまんで。

① 30〜40ポイントで編成。国籍は問わず。各車種半分まで使用可能。

② マップDを使用。じゃんけんで勝ったプレイヤーが「先攻・後攻」または「マップの向き」を選択。

③ 8ターン終了、または初期車輌数の半分が破壊、または対面の盤端からの脱出(突破)でゲーム終了(当日に「突破成功=サドンデス勝利」にルール変更)。

④ 終了時点でポイントが上回っているプレイヤーが勝利。初期ポイント数が多いプレイヤーから少ないプレイヤーへ、ポイント差分のハンディキャップ有り。

と、こんな感じですか。


で、まぁ僕も出場するからには不甲斐ないプレイはできんよなぁと、事前に編成を考え、ソロで練習をしたわけですが、いくつかの編成パターンを作っておりました。

以下にその画像を上げていきます。

f0319703_18360417.jpg

最初に思いついたAパターン。
足の速さが持ち味ですか。
Su-100 は接近戦ならば充分な火力があり、撃たれた時も小型目標の修正があるので意外と使える戦車でした。前進射撃のことは言っちゃダメ。

f0319703_22252911.jpg

「フェルデナント固定砲台作戦」のBパターン。 フェルデナント以外の車輌を変えたいくつかのバリエーションも存在しました。

f0319703_22402725.jpg

その一例。フェルデナントを固定砲台としつつ、M-4A3で遊撃、Su-76は突破部隊と言う名の囮(笑)。
フェルデナントを最深部に配置し、遠距離からでも撃破できる恐るべき火力で相手を圧倒します。
難点は、フェルデナントが6ゾロを出すとほぼ終了な所ですね。

f0319703_22433864.jpg

M-26の命中精度の高さを生かした「スナイパー作戦」用のCパターン。
割とバランスが良かったので、ソロではオプフォーとしても活躍しました。

f0319703_22464203.jpg

「数の暴力作戦」Dパターン。
今回対戦して下さった方々はこれに似た編成が多かったです。
正直言いますと、ソロではこれが一番弱かった(笑)。
たぶん、僕の駒さばきっつーか移動・戦闘の癖に合ってなかったんじゃないかと思います。
なので、早々に候補からはずしました。

そして
f0319703_22502033.jpg

今回、決勝戦まで連れてってくれた E パターン。
ファイアフライ・コメット共に申し分ない火力と命中精度を持ち、それでいてお安いと言う、お買い得セットでした。


お気づきかと思いますが、全て40ポイントを使いきっています。
もとより、ハンディキャップをもらうことは考えていませんでした。(これは後で考えを変えるべきだとおもいましたが。)


だいたいこんな感じの編成を捻りだしていました。

結果は、相手のミス(6ゾロで弾薬不足とか計算間違いとか)にも助けられまして、準優勝以上と言う好結果となりました。(時間切れで決勝戦が行われず。)

対戦いただいた皆さま、ありがとうございました。とても楽しく、また勉強になりました。


で、もしも次回があるならばまた参加したいと思うのですが、レギュレーションに関して一言。

編成のタイミングはじゃんけんの前なのか後なのか? これは明確にすべきかと。
マップの向きによって編成が違ってくる場合もあるかと思いますので。




























[PR]

# by ted_ts | 2018-04-05 22:25 | ウォーゲーム | Trackback | Comments(2)

今がチャンスよ!


こんばんは。


f0319703_23325563.jpg


LnLT ネタです。

Lock'n Lord Publishing から Lock'n Lord Tactical System Starter Kit の和訳が公開されております。

https://forums.lnlpublishing.com/threads/lock-n-load-tactical-starter-kit-v4-1-japanese-edition.4487/

こちら、歩兵戦闘にしぼったルールとカウンターとマップが無料で DL できます。

カウンターとマップは PnP で工作が必要になりますが、「Heroes of Normandy」「Heroes of Nam」をお持ちならばそのカウンターとマップが使用できます。

ちょっと興味あったけど和訳も無いし購入までは…と躊躇していたアナタ!
今なら無料で LnLT が体験できちゃうチャンスですよ!



[PR]

# by ted_ts | 2018-03-03 23:35 | ウォーゲーム | Trackback | Comments(2)

スペース・マリーンズ再び 今度は害虫退治だっ!


こんちは。
今年もよろしくお願いいたします。


さて、2018年一発目はTBP「Space Vermin from beyond!」、みんな大好き宇宙海兵隊シリーズの第2弾です。
f0319703_22442574.jpg

「X次元…」同様のソリティアゲームです。

こんどは宇宙害虫(ヴァーマイト)を相手にお宝の取り合いをしたり(シナリオ1)、殲滅戦を繰り広げたり(シナリオ2)します。
f0319703_22442642.jpg


手順的には、まずチットプルでヴァーマイトの移動方向の決定とイベントの解決→各種ヴァーマイトの移動/攻撃→ヴァーマイトの増援→NAT(病原体)影響の解決→海兵隊アクション(移動・攻撃・増援要請等)→海兵隊の回復→ターン終了
の流れになります。

戦闘に関しては、前作と同じサイコロジャラジャラシステムなので問題ないと思われます。
が、ターン毎に移動方向が変わるのとセイント・トレイル等で方向が強制されるため、ヴァーマイト移動フェイズがちょっとややこしく、慣れるまではルールブックが手放せないかもしれません。


ヴァーマイトの移動に慣れてしまえばこっちのものです。


どこに現れて特攻してくるか予測不可能なドローン攻撃や、ワラワラ産まれてくるヴァーマイトの群れに囲まれるスリルを存分に味わいましょう。


ちなみに…


ヴァーマイトを除去すると周囲2ヘクスに病原体をばらまきやがります。

これが割と効果があったりするので、攻撃する際もスリル満点です。


さらに、今作には「オットー・フォン・シュレーディンガー教授」なる人物が登場しますが、彼の作る秘密兵器は当たり外れ(これもチットプル)が…。

きっと「今時の科学者がこれくらいのものを直感で作れなくてどうする!」とか、練馬区から世界征服を始めた某科学者と同じ事を言いながら作ってるに違いない!

この辺のスリルも楽しんじゃって下さい。



で、個人的にモノ凄く気になったのがこれ↓
f0319703_22235923.jpg


本作では使わないんですよ、ワームホール。(前作では異次元へワープするために使用した)

ひょっとして、連結ヴァリアントが出るとか出ないとかっ?
変なスリルを演出してないっ?



1/31 22:45 追記
なんて事を言ってたら、次は50フィートの巨像が相手ですってよ、奧さま!














[PR]

# by ted_ts | 2018-01-31 22:23 | ウォーゲーム | Trackback | Comments(0)

ごあいさつ(年末版)


ウォーゲームフレンズの皆さま、こんばんは。


今年もお世話になりました。


特に今年は、KGGへの初参加に始まりTeddy初の和訳挑戦、ミニチュアゲーム初体験と「初」づくしの充実したゲームライフになりました。

これもひとえにゲーマーの皆さんのおかげだと思っています。

心から感謝いたします。



さて…


来年は我が子らが受験生となるため、遠征などのゲーム会参加は難しくなると思いますが、細々とでもゲームプレイとその発信を続けたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


あらためまして、本年中はお世話になりまして、ありがとうございました。

また来年もどうぞよろしくお願いいたします。


では皆さま、よいお年をお迎え下さいませ。
f0319703_18341157.jpg







[PR]

# by ted_ts | 2017-12-31 18:40 | シミュレーションゲーム | Trackback | Comments(0)